セルフチェックでうつ病を簡単診断|症状が気になったら診察を

このエントリーをはてなブックマークに追加

病気と向き合うために

カウンセリング

悪化させないコツ

現在、日本でも多くの人がうつ病に悩まされています。うつ病はもはやあらゆる人が発症する可能性がある病気で、他人事ではなくなっていると言っても良いでしょう。うつ病で注意しなければいけないのは、放置するとどんどん症状が悪化するという点です。うつ病を早く治療するには早期に発見することがとても重要なのです。特に気分が優れない状態が長期にわたって続くようであればそのままうつ病になる可能性がとても大きいので、自己診断してみるのも良いでしょう。うつ病にはアメリカの精神医学会が出している精神疾患の分類と診断のためのマニュアルに基づいた診断方法が存在しています。診断テストは他にも色々と種類がありますが、もし診断テストでうつ病の疑いがあるという結果が出た場合は出来るだけ病院で本格的な診察を受けるようにしましょう。よく気分が落ち込んで戻らないときにもっと頑張らなければと無理をする人が多いですが、こういった心構えもうつ病を悪化させる下地になるので注意しましょう。

治療時の工夫

うつ病を悪化させないための方法として最も適切なのは、自分がそうなった原因を見つけることです。多くの場合、ストレスによって発症すると言われています。現代はストレス社会と言われていて、職場、学校、家庭などその原因は人それぞれですが、原因が見つかったらまずはその原因から出来るだけ遠ざかるようにしましょう。原因から離れて原因について出来るだけ考えないようにすることで、病気の症状は改善されやすくなります。次にうつ病は悪化するのは早いですが、治療には長い時間がかかりますし、普通の病期やケガのように病気が治っているという実感はなかなか出来ないものです。処方された薬の効果がなかなか無かったり、症状が改善されたからと言って服薬を自分の判断で止めたりする人も居ます。しかし、完全に回復させるためには医師の指示を良く守って処方された薬は飲み続けるようにしましょう。もし効果がなかなか無かったり、薬による副作用が辛かったりする場合は医師と相談して薬を変えてもらうことも必要です。こうして医師とコミュニケーションを綿密に取るのも、早期回復には必要なのです。

Copyright © 2016 セルフチェックでうつ病を簡単診断|症状が気になったら診察を All Rights Reserved.