セルフチェックでうつ病を簡単診断|症状が気になったら診察を

このエントリーをはてなブックマークに追加

気分が滅入る状況を回避

手

精神状態の安定のために

人間は生きていく上で何かしら社会と関わり合いをもっていくことになります。学校や職場、プライベートでの友達付き合いなど、人それぞれでその関わり方は異なってきますが、時にこれが発端となってストレスをため込むケースも在るため注意が必要です。特にまじめな人、責任感の強い人であればストレスの度合がより大きくなり、それが精神的負担となり蓄積されることがあります。これがいわゆるうつ病の原因となるもので、症状が現れた時にはすでにうつ病がかなり進行しているという危険も出てくるのです。こうしたうつ病は重篤なケースであれば命の危険もある病気で、早め早めの治療がカギとなります。精神状態を安定させ、より早く日常生活に戻っていくためにも気になる点がある時点で医療機関への受診を心がけましょう。ここで言う医療機関というのはうつ病などの精神的な病を専門的に治療している精神科や心療内科などの診療科です。うつ病のレベルによって抗うつ薬、抗不安薬などの処方を行い、カウンセリングなどの併用でいち早く精神状態を安定させていくことが可能です。

素人でも判断は出来るのか

よくネット上には素人でも簡易的にうつ病のチェックが出来るようにとチェックリストが公表されています。確かに、こうしたチェックリストで大まかなうつ状態の把握はできます。ただ、うつ病と一口にいっても人それぞれで具体的な症状は異なり、素人では判断できない部分も多くなっていきます。こうした場合、変に素人判断で受診を拒むと症状の悪化を促進してしまう可能性もあるため注意が必要です。ネット上に公表されているチェックリストはあくまで参考程度にとどめておくこと、そして正確な診断を受けるには専門医の診察が必須となること、こうした点はしっかり押さえておきましょう。専門医の場合でも、軽度のうつ病であれば診断がより難しくなります。もちろん細かな問診や検査によって何かしらの診断は下されることになりますが、受診の際にはより相性の良い医師、評判の良いクリニックを選んでいくことも大切になってきます。本当に正確な診断が可能なのかどうか、患者目線でより自分に合った治療を受けることができるのか、事前の相談、問い合わせはもちろんですが、ネット上の口コミ情報をリサーチしておくこともポイントとなります。

Copyright © 2016 セルフチェックでうつ病を簡単診断|症状が気になったら診察を All Rights Reserved.